topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番町工房・其の一 - 2011.07.12 Tue

竹。単なる竹垣だけど、単なる竹垣が無かったりする。斬新さを意識し、制作。
庭の空気感が変わった。竹と蔦 (白アケビ) との相性は良い。竹の色が抜ければ更に良くなる。
IMG_8753_convert_20110712223748_20110712224358.jpg
Work: Bancho_Kobo


Work: Bancho_Kobo

IMG_9242_convert_20110712223818.jpg
Work: Bancho_Kobo

IMG_9241_convert_20110712224151.jpg
Work: Bancho_Kobo                            




● COMMENT ●

竹の色は短期間で白くなるんですね(^^)ウチの庭もこんな風にできたらいいなあ。ちなみにどういう方法で固定しているのですか?

竹の色は、1ヶ月で ほぼ完全に抜けますよ。
固定方法は本当に悩んだんですが、20cm程度 地下に埋めて 立て掛けているんです。
鉄に重量がある分 それでも効果があるようです。先日の台風並みの風でも全然平気でした。
それと、写真では分かりづらいのですが、竹は、地面の接触をさけ 水 対策もしています。
あと、鉄の突起部分には、シリコンゴムを付け こども の安全対策もしています。

すごい!まさに「工房第一号」にふさわしい細部にまでこだわった作品なんですね。あれこれとアイデアを考えるのも楽しそう!

ありがとうございます!
耐久性・安全面 まで考えだすと、どこで見た目との折り合いをつけるか?とか考えだすと もう止まりません。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://banchokobo.blog.fc2.com/tb.php/54-07dd2156
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

うちシェフ×兄 «  | BLOG TOP |  » オーベルジュ・ドゥ・オオイシ

番町工房

Author:番町工房
四国 高松『ママは家具職人』

全頁

全ての記事を表示する

分類

最近の作品集 (14)
高松十二か月 (13)
■瀬戸内生活工芸祭 2014 (39)
応募編 (2)
女木島に行きたくなる (10)
カウントダウン 2014 (21)
出展作品 2014 (1)
女木島という名のストーリー (1)
キラキラのレポート用紙 (1)
■瀬戸内生活工芸祭 2012 (51)
現場復帰&応募編 (11)
製作現場 (9)
カウントダウン 2012 (11)
出展作品 (1)
10枚のレポート用紙 (12)
瀬戸内生活工芸祭の余韻 (7)
■番町工房 × 木工・家具作品 (57)
食器棚 (1)
ダイニングテーブル&チェア (4)
テレビ台@変身 (3)
囲炉裏 (1)
リビングテーブル (1)
洋服タンス (1)
ボックス&洋服掛け&鏡 (3)
本棚 (1)
こどもイス (3)
生活雑貨 (6)
おもちゃ (7)
絵額縁 (2)
道具箱 (1)
■内田鋼一 (22)
■ママは家具職人 (4)
木工以外 自作品 (3)
香川の良いとこ (11)
ママ友 Premium Selection (13)
他の全記事 (129)

フォトムービー「作品紹介」

↑クリック

Mail〈現在注文は控えております〉

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

リンク

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=