topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CountDown9/瀬戸大橋 - 2014.09.11 Thu

2020年、東京オリンピック開催の決定やったね!(パンパカパーン)

IMG_0393.jpg

ところで、瀬戸大橋が出来て、はや25年。本州と四国を結んでくれた、連絡橋は、無くてはならない大切なライフラインで、景観へ溶け込む美しい橋です。実は、計画当初、航空法の規制で紅白の色と定められていました。しかし、それでは瀬戸内の美しい景観が壊されてしまいます。そこで、画家 東山魁夷 (08〜99年) は、美しい景観に溶け込みやすい色の、ライトグレーにしょうと提案し、それに至りました。

全く話は変わりますが、東京オリンピックの新国立スタジアムのイメージ図面が、時々メディアに登場するのですが、皆さんはどう思われますか?私は「俺が新国立スタジアムだぜ!」的な存在感に、周辺環境への配慮が無視されているデザインのように思ってしまいます。ずっと、ずっと残るスタジアムですから、その場限りのインパクト路線は止めて欲しい、そう願っています。

だって、美しい景観に溶け込みやすい建物こそが、後世から愛されるという事実がありますから、今ここに、何十年も前に計画された、瀬戸大橋の理論や感性を適応して欲しいと願っています。

そんな、こんなで、瀬戸内生活工芸祭に瀬戸大橋で来られる方には、美しい景観と瀬戸大橋との相性を感じながらお越しくだされば 幸いです。




● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://banchokobo.blog.fc2.com/tb.php/393-d34fa7d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CountDown8/モノは、嘘をつかない «  | BLOG TOP |  » 女木島に行きたくなる最終プレゼン

番町工房

Author:番町工房
四国 高松『ママは家具職人』

全頁

全ての記事を表示する

分類

最近の作品集 (14)
高松十二か月 (13)
■瀬戸内生活工芸祭 2014 (39)
応募編 (2)
女木島に行きたくなる (10)
カウントダウン 2014 (21)
出展作品 2014 (1)
女木島という名のストーリー (1)
キラキラのレポート用紙 (1)
■瀬戸内生活工芸祭 2012 (51)
現場復帰&応募編 (11)
製作現場 (9)
カウントダウン 2012 (11)
出展作品 (1)
10枚のレポート用紙 (12)
瀬戸内生活工芸祭の余韻 (7)
■番町工房 × 木工・家具作品 (57)
食器棚 (1)
ダイニングテーブル&チェア (4)
テレビ台@変身 (3)
囲炉裏 (1)
リビングテーブル (1)
洋服タンス (1)
ボックス&洋服掛け&鏡 (3)
本棚 (1)
こどもイス (3)
生活雑貨 (6)
おもちゃ (7)
絵額縁 (2)
道具箱 (1)
■内田鋼一 (22)
■ママは家具職人 (4)
木工以外 自作品 (3)
香川の良いとこ (11)
ママ友 Premium Selection (13)
他の全記事 (129)

フォトムービー「作品紹介」

↑クリック

Mail〈現在注文は控えております〉

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

リンク

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=