topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一朶の雲 - 2012.06.09 Sat

一朶の雲
IMG_2804.jpg

一朶の夢
IMG_2543.jpg

のぼってゆく坂の上の青い天に もし一朶いちだの白い雲が かがやいているとすれば、
それのみを みつめて坂をのぼってゆくであろう。  『坂の上の雲』(第一巻)




スポンサーサイト

瀬戸内生活工芸祭 2012 - 2012.06.10 Sun

クラフトフェア 「 瀬戸内生活工芸祭 2012 」 を香川県高松市 にて開催



日時:2012年11月23日(祝・金)11時〜16時 / 24日(土)9時〜16時

ゲスト作家:玉藻公園[陶芸]内田鋼一[漆]赤木明登[ガラス]辻和美〈屋外テント〉 応募作家 88名
(敬称略) 女木島 [木工]三谷龍二[陶芸]安藤雅信

尚、応募作家 88名は、全国の工芸作家から募集中 (7月末に結果判明)
選考者(敬称略):永見眞一  中村好文 皆川明 山口信博 三谷龍二 石村由起子 一田憲子




—ゲスト作家—(敬称略)

三谷 龍二    長野県 松本市   総合ディレクタ・選考委員も兼任
木工界で最も人気があり超有名な作家。暮らしの品、器やスプーンやバターケースなどが注目。シンプルさ、かわいさ 抜群の三谷 龍二 の作品は、別格のオーラ と ぬくもりを感じる。クラフトフェアまつもと の創設者の一人。

安藤 雅信    岐阜県多治見市
陶芸作家の代表的な存在。深い階層での思考性、骨董の世界など幅広い知識 などが作風に生きる。白いオランダ皿に注目。また、夫婦で営まれている”ギャルリももぐさ”は、誰もが訪れたいギャラリーでも有名だ。

辻 和美     石川県金沢市
ガラス界で極めて人気の作家。女性の心を掴む オリジナルのデザインは他の追随を許さない。透き通る生活のワンエッセンスになること間違い無し。もし女子に贈り物したいなら、迷い無く 辻和美の作品がお勧めだ。

赤木 明登     石川県輪島市
漆 塗り作家で超人気作家。現代のテーブルに漆のお椀が並ぶのは 赤木明登の功績が大きい。やや押さえられた朱、黒 のシンプルな形状の器が好き。使いこんだ艶も良い。また、人を見抜く力・文章力も抜群で本が良い。

内田 鋼一     三重県四日市
超人気の陶芸作家。大胆かつ繊細、斬新でどの作品も凄いし、その作品も変化する。一品一品のディティールの違いを見て欲しい。香川県初登場が、瀬戸内生活工芸祭という事が何より嬉しい。断言します!瀬戸内生活工芸祭 の看板スターです。お待ちしておりました。






—選考員—(敬称略)

永見 眞一
桜製作所会長。89歳現役の家具デザイナーに著名人のファンも多い。あのジョージ・ナカシマ の家具を制作経験に加え、本当の家具と木材が好き。誰にでも腰が低くお話をされ人間的にも尊敬できる方。香川の工芸の重鎮。

中村 好文
超人気の建築家。家の設計を望む人は多いと思う。上総の家Ⅱが特に好き。また家具デザインでも優れる。安曇野ちひろ美術館の”母と子のベンチ”が好きだ。やさしさと愛情を感じるこのデザインは、空に手で線引し職人に伝えた。想像力に平面が追いつかなくなった職人技が凄い。

皆川 明
超人気 服飾デザイナー。1枚1枚のこだわりが、完全な皆川色になり、その積み重ねは 日本中のオシャレさんの心を鷲掴みにした。今、日本で先頭を走るファッションデザイナー。任された東京スカイツリーのユニフォームデザインも超素敵。(昔TVで録画した、皆川明 作品制作の映像はVHS擦切れるまで見てしまった。)

山口 信博
有名グラフィックデザイナー。美を感じるブックデザインを手に取れば ”山口信博”と、中村好文や赤木明登の本でも名を目にする、つまり著名作家から信頼がある証拠。自身デザインの”錫杖”も人気。永見会長もご愛用。

一田 憲子
敏腕 編集者ライター。地に這いつくばり必死でペンを走らせる姿が印象的。その背中からオーラを感じる。更にそれを記事にする過程の 変換力 が凄いのだろう。雑貨や小さなギャラリーにフォーカスできる力があり貴重なライター。

石村 由起子   ディレクタ
あの”くるみの木/まちのシューレ963”を創設。瀬戸内生活工芸祭の「心臓的」存在。これだのスペシャルゲストを集められる人脈と実行力は石村 由起子 以外無理。人が好きで、人と人の繋がりが大好きなんだろう。縁の下のMVP。







語りつぐ会 - 2012.06.10 Sun

一人、東京から夜行バスと電車でヘトヘトになりながら 桜製作所 目当てに辿り着き、工房を見学をした15年前の思い出。


今、こうしてこの桜製作所で、木工や家具や工芸の話を受けること自体 夢にも思わなかった。
IMG_2326.jpg

縁というのは不思議なもの。そして 今、再びここにいます 家族とともに。



スタート - 2012.07.01 Sun

スタートです。


いや、リスタートです。
IMG_3769.jpg

瀬戸内生活工芸祭に向け、
IMG_3767.jpg

木工のリスタートです。いざ漕ぎ出します。




安全祈願 - 2012.07.01 Sun

木工活動は、”刃物”や”機械” で常に危険が つきまとう
IMG_2387.jpg

だからこそ、安全に創作活動できるよう、”石清尾八幡宮”の神様に願いを込めた。


「安全に、ご迷惑をお掛けする事ないよう」祈った。



木工再開 - 2012.07.01 Sun

待ち焦がれていた、木工再開ができる。


お世話になる人、なっている人 への感謝は忘れてはならない。
IMG_2395.jpg

この日を忘れてはならない。




瀬戸内生活工芸祭 を志す - 2012.07.06 Fri

なぜに、そこまで 「 瀬戸内生活工芸祭 2012 」 に思いを馳せるのか?

IMG_3760.jpg

それは、瀬戸内生活工芸祭 を知った時、直感的に「ビビビ」と感じたから、
それは、大好きな 陶芸作家 内田鋼一 氏 の近くの舞台に立てるから、
それは、素晴らしき選考員に自分の作品を見て貰いたいから、
それは、このイベントの来場者の声を聞きたいから、
それは、同じ作家仲間との交流を持ちたいから、
それは、地元、高松の開催だから、
それは、一期一会だから、
それは、今 変えるから、

日々、育児に奮闘中のママならではの、今の感性、今しかできない感性 を作品に反映させたい。
だからこそ、今なのだ。
                                番町工房  苅田 利恵子



七夕への願い事 - 2012.07.07 Sat

笹の葉さらさら、


願い事を短冊に書き、”石清尾八幡宮”で

IMG_2890.jpg
七夕飾りをし、お祈りをした。

IMG_2901.jpg

「おかあさんが せとうち せいかつ こうげいさいに でれますように」 と、星に願いを込めた。
そして、天乃川から手招きされるか否かは、七月末の知らせによることとなる。



旱に雨 - 2012.07.28 Sat

雨が降っても良いじゃないか。雨は恵みの雨なのだ。
でも・・瀬戸内生活工芸祭に、

雨 と オスプレイ だけは降って欲しくないよな。
瀬戸内生活工芸祭 の大成功を心より祈っている。



瀬戸内生活工芸祭の結果 - 2012.08.01 Wed


瀬戸内生活工芸祭の

IMG_3530.jpg
審査結果は、

IMG_3787.jpg
こういう事で、

IMG_3550.jpg
ニッコリ という事で、

IMG_3584.jpg
つまり「選ばれた」 という訳で、真に希んだうれしい奇跡であった。





風が吹いている - 2012.08.15 Wed

ロンドンの次は、瀬戸内に ”風を吹かせるぞ”

8月の今、鎌倉 稲村ガ崎 どんぐり工房で黙々と粉まみれ、汗まみれになりながら戦ってます。
今、自分 魂焦がして頑張ります。ぜったい!絶対! ”風を吹かせるぞ”



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

番町工房

Author:番町工房
四国 高松『ママは家具職人』

全頁

全ての記事を表示する

分類

最近の作品集 (14)
高松十二か月 (13)
■瀬戸内生活工芸祭 2014 (39)
応募編 (2)
女木島に行きたくなる (10)
カウントダウン 2014 (21)
出展作品 2014 (1)
女木島という名のストーリー (1)
キラキラのレポート用紙 (1)
■瀬戸内生活工芸祭 2012 (51)
現場復帰&応募編 (11)
製作現場 (9)
カウントダウン 2012 (11)
出展作品 (1)
10枚のレポート用紙 (12)
瀬戸内生活工芸祭の余韻 (7)
■番町工房 × 木工・家具作品 (57)
食器棚 (1)
ダイニングテーブル&チェア (4)
テレビ台@変身 (3)
囲炉裏 (1)
リビングテーブル (1)
洋服タンス (1)
ボックス&洋服掛け&鏡 (3)
本棚 (1)
こどもイス (3)
生活雑貨 (6)
おもちゃ (7)
絵額縁 (2)
道具箱 (1)
■内田鋼一 (22)
■ママは家具職人 (4)
木工以外 自作品 (3)
香川の良いとこ (11)
ママ友 Premium Selection (13)
他の全記事 (129)

フォトムービー「作品紹介」

↑クリック

Mail〈現在注文は控えております〉

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

リンク

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=