topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製作現場_Step1 デザイン・製図編 - 2012.08.28 Tue

まず創りたい作品のデザインを考えます。
IMG_3969.jpg


居住空間や主たる利用者の視点で規格する。(ここで猛獣の登場!集中は切らしてはいけない。)
IMG_3970.jpg


”木組み” ”強度” も考え、無垢材を無駄せずの考えの下、その木の”木どり”のシュミレをする。
IMG_3979.jpg


ナラ・ウォールナット・クルミ・ブナ など使用する”種木”を決める。
IMG_3980.jpg

厚み・幅・長さ の規格の木が、どれだけ必要か考える。
手書きの図面・・・アナログだけど、ここから見える創造もある。(つづく)




スポンサーサイト

製作現場_Step2 木材仕入編 - 2012.08.31 Fri

図面を元に必要な木材を仕入れに来ました。
IMG_4006.jpg


広葉樹の国産材は希少で、その殆どが輸入材だ、でも自分は、国産材があればそれを優先したい。



キッチリ材を見て、”柾目”で”白太なし”を意識し、”木の節”や”割れ”が ない事を入念に目視する。
IMG_4030.jpg


多少コストが上がっても、良い材を意識し仕入れる。良い材が良い家具を創るからだ。
IMG_4026.jpg

途中から「これは節がある辞めた方がええ!」と材木店のおじさんも のって来た。リエ菌の伝染だ。
IMG_4024.jpg


今回は目的の木材の1つが、在庫 切れであったが、規格を変えたりせず1ヶ月待つ事にした。
IMG_4015.jpg


なかなか一筋縄ではいかないが、これも木工だ。そして、着手できる材だけ仕入れた。
IMG_3990.jpg

思い起こせば、昔は よく東京の新木場に買い付けに行ったもんだよな・・・(つづく)




製作現場_Step3 木取り編 - 2012.09.01 Sat

ママチャリのカゴに木工道具と弁当を入れ、長い坂道を黙々と押して、一路 工房へと向かった。



材木店から仕入れた 材を手に取った。地球に重力がある事を忘れてしまう位 軽々しく持ち上げた。
IMG_4070.jpg


「よし、やるぞー!!」 まず、図面とニラメッコしながら、材木に”墨付け”をする。
IMG_4079.jpg


次に、墨付けを元に、材木を横に切る ”横切り盤” で ”木取り” をする。
IMG_4098.jpg


そして、材木を縦に切る ”昇降盤” で ”木取り” をする。
IMG_4058.jpg


続いて、材の平面と直角を得る為 ”手押しカンナ” を掛ける。
IMG_4057.jpg


更に、材の板厚を合わせ、表面を綺麗に仕上げ為 ”自動カンナ” を掛ける。
IMG_4107.jpg


これらを何工程か繰り返し、仕入れてきた材は、各パーツに分解された。
IMG_4068.jpg

熱い最中に、一日掛かりで、ここまでがやっとの作業だ。 (つづく)





製作現場_Step4 ホゾ(凹)編 - 2012.09.09 Sun

一週間経つとやや反っていた。無垢材は、とりわけ気温によって変化する。無垢は生きているから。
IMG_4166.jpg


反ると次には進めない。”直角”は絶対だ。再度、手押し 自動カンナで整え、長さ決めで半日潰れた。
IMG_4160.jpg


続いて、”ホゾ”位置を決め”墨付け”をした。
IMG_4167.jpg


そして、”角のみ盤”始めまーす!
IMG_4172.jpg


”角のみ盤”は、ホゾのメス穴を掘る為に使う。
IMG_4176.jpg


ひたすら穴あけを繰り返した。工程の狂いを取り戻す為、日が暮れても頑張った。
IMG_4182.jpg

来週は反ってない事を祈り、今日の作業を終えた。 (つづく)



製作現場_Step5 ホゾ(凸)編 - 2012.09.16 Sun

反っていなかった。 ただ、それだけで嬉しい。


今日は、神経をつかう工程だ。
IMG_4199.jpg


四辺にホゾをとる為 ”横切り盤” の登場だ。 刃の高さで調整する。ミリ単位の世界だ。
IMG_4198.jpg


刃の高さを定めてー。
IMG_4213.jpg


”横切り盤” アテンション! 
IMG_4212.jpg


ゴー! 『シューン!!』
IMG_4207.jpg


ヨシ!
IMG_4208.jpg


そして、”ホゾ取り機” で 縦に切り落とし、”ホゾ”のオスの完成だ。
IMG_4243.jpg


続いて、”超仕上げカンナ盤” で 材を整えた。
IMG_4247.jpg


これが、今日の成果品だ。
IMG_4248.jpg


大切にタオルに包み、持ち帰る事にした。
IMG_4254.jpg


なぜなら、作業の続きを自宅でする為だ。 そして今日の作業を終えた。 (つづく)



製作現場_Step6 ペーパー掛け&組上げ編 1 - 2012.09.21 Fri

”ペーパー”を掛けた。 必死で掛けた。 その音は 深夜も響いた。



そして、それを誰より頑張る。 それが自分の特徴だから。
IMG_4338.jpg


続いて、木材の角に当たっても、痛くないように ”面取かんな” を掛けた。
IMG_4348.jpg


そして、”ノミ” を使ってホゾ位置を微調整した。
IMG_4339_20120921012403.jpg


その次は、”接着”だ。
IMG_4350.jpg


最後に、”ハタガネ”で閉めた。 『ギューゥ!』 わずかな隙間も許さない。
IMG_4268.jpg


これで、しばらく寝かした。
IMG_4359.jpg


徐々に形になってきた。
IMG_4392.jpg

さらに今日は、子どもも木工デビューを果たした。
IMG_4369.jpg

そして今日の作業を終えた。でも 時間の構築が厳しくなってきた。ママは正念場だ。(つづく)



製作現場_Step7 組上げ編 2 - 2012.09.30 Sun

ホゾ穴に”貫”を通す。



ヨシ! 雰囲気 出てきたね。
IMG_4329.jpg


接着前の”仮り組み”で確認し、もう一度 解体した。
IMG_4336.jpg


ここからが大事だ。 まずは、”接着”だ。 
IMG_4408.jpg


続いて、”ハタガネ”で閉めた。
IMG_4416.jpg


そして、不要な接着剤は、水分を含んだ ハケで丁寧に取り除いた。
IMG_4412.jpg


最後に”ハタガネ”の微調整をし、『ギューゥ!』と絞め、約半日 寝かした。
IMG_4415.jpg


時間経過後、”ハタガネ”を緩め、”組上”がった。これが ウォールナット 。風格があるよね。
IMG_4489.jpg


そして、これが ナラ 。ナラは白い壁に映えるよね。
IMG_4484.jpg


「ブッブッー」バスにもなりました。
IMG_4480.jpg

0.1mmも狂いは駄目。久しぶりに無垢の難しさを感じた。そして今日の作業を終えた。(つづく)



製作現場_Step8 天板編 - 2012.10.12 Fri

いよいよ天板用の重たい材に手を掛けた。まずは”手押しカンナ” で材の状態を見た。
IMG_4222.jpg


すると”白太”が現れたが、天板への墨付けで、当然 除外する。
IMG_4229.jpg


そして、その寸法に切断した。中でも、天板の接ぎ合わせ面を直線に削る事は重要だ。
IMG_4438.jpg


できた。ドーン!
IMG_4423.jpg


実は、天板の厚みの目違いが無いように、”サネ”を入れる。
IMG_4536.jpg


そして、それを埋めるため ”トリマー” 溝を掘り、埋め込む。
IMG_4471.jpg


最後に、天板を”ハタガネ”で、『ギューゥ!』と絞め、”板剥ぎ” を行った。
IMG_4517_20121009003957.jpg


かくして、天板が出来上がった。
IMG_4526.jpg

次は、最終工程で、いよいよ最終回を迎える事となる。そして今日の作業を終えた。(つづく)



製作現場_Step9 完成編 - 2012.11.06 Tue

まず、天板の 長さ決め



それを”横切り盤” で切断した。
IMG_4747.jpg


そして平らにする為、
IMG_4605.jpg


”鉋”を掛け、
IMG_4613.jpg


続いて”サンドペーパー”で整え、
IMG_4608.jpg


最後に天板を脚に取り付けた。
IMG_5199.jpg


最終工程で、”天然のオイル”を塗る。
IMG_5239.jpg


木材の呼吸を妨げない”天然のオイル”は、木材に潤いを与え、手垢や汚れの防止となる。
IMG_5274.jpg


丁寧に丁寧に塗った。 ほら、輝きが生まれたよ!!
IMG_5264.jpg


最後にしっかり拭き取った。
IMG_5279.jpg


ヨシ!!!
IMG_5276.jpg


これで、ナラ の デスク の完成だ! 
IMG_5300.jpg


そして、ウォールナット の デスク の完成だ! 
IMG_5321.jpg


これが、ナラのスツールを置いた感じで、
IMG_5311.jpg


ウォールナット のスツールを置いた感じとなる。
IMG_5335.jpg

できた!!これにて、完了!! 家具は一日にして成らず、思い出 深い作品となった。
瀬戸内生活工芸祭でお会いしましょう!他の作品達と共に。 (製作現場特集 おわり)





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

番町工房

Author:番町工房
四国 高松『ママは家具職人』

全頁

全ての記事を表示する

分類

最近の作品集 (14)
高松十二か月 (13)
■瀬戸内生活工芸祭 2014 (39)
応募編 (2)
女木島に行きたくなる (10)
カウントダウン 2014 (21)
出展作品 2014 (1)
女木島という名のストーリー (1)
キラキラのレポート用紙 (1)
■瀬戸内生活工芸祭 2012 (51)
現場復帰&応募編 (11)
製作現場 (9)
カウントダウン 2012 (11)
出展作品 (1)
10枚のレポート用紙 (12)
瀬戸内生活工芸祭の余韻 (7)
■番町工房 × 木工・家具作品 (57)
食器棚 (1)
ダイニングテーブル&チェア (4)
テレビ台@変身 (3)
囲炉裏 (1)
リビングテーブル (1)
洋服タンス (1)
ボックス&洋服掛け&鏡 (3)
本棚 (1)
こどもイス (3)
生活雑貨 (6)
おもちゃ (7)
絵額縁 (2)
道具箱 (1)
■内田鋼一 (22)
■ママは家具職人 (4)
木工以外 自作品 (3)
香川の良いとこ (11)
ママ友 Premium Selection (13)
他の全記事 (130)

フォトムービー「作品紹介」

↑クリック

Mail〈現在注文は控えております〉

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

リンク

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=