topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一朶の雲 - 2012.06.09 Sat

一朶の雲
IMG_2804.jpg

一朶の夢
IMG_2543.jpg

のぼってゆく坂の上の青い天に もし一朶いちだの白い雲が かがやいているとすれば、
それのみを みつめて坂をのぼってゆくであろう。  『坂の上の雲』(第一巻)




スポンサーサイト

瀬戸内生活工芸祭 2012 - 2012.06.10 Sun

クラフトフェア 「 瀬戸内生活工芸祭 2012 」 を香川県高松市 にて開催



日時:2012年11月23日(祝・金)11時〜16時 / 24日(土)9時〜16時

ゲスト作家:玉藻公園[陶芸]内田鋼一[漆]赤木明登[ガラス]辻和美〈屋外テント〉 応募作家 88名
(敬称略) 女木島 [木工]三谷龍二[陶芸]安藤雅信

尚、応募作家 88名は、全国の工芸作家から募集中 (7月末に結果判明)
選考者(敬称略):永見眞一  中村好文 皆川明 山口信博 三谷龍二 石村由起子 一田憲子




—ゲスト作家—(敬称略)

三谷 龍二    長野県 松本市   総合ディレクタ・選考委員も兼任
木工界で最も人気があり超有名な作家。暮らしの品、器やスプーンやバターケースなどが注目。シンプルさ、かわいさ 抜群の三谷 龍二 の作品は、別格のオーラ と ぬくもりを感じる。クラフトフェアまつもと の創設者の一人。

安藤 雅信    岐阜県多治見市
陶芸作家の代表的な存在。深い階層での思考性、骨董の世界など幅広い知識 などが作風に生きる。白いオランダ皿に注目。また、夫婦で営まれている”ギャルリももぐさ”は、誰もが訪れたいギャラリーでも有名だ。

辻 和美     石川県金沢市
ガラス界で極めて人気の作家。女性の心を掴む オリジナルのデザインは他の追随を許さない。透き通る生活のワンエッセンスになること間違い無し。もし女子に贈り物したいなら、迷い無く 辻和美の作品がお勧めだ。

赤木 明登     石川県輪島市
漆 塗り作家で超人気作家。現代のテーブルに漆のお椀が並ぶのは 赤木明登の功績が大きい。やや押さえられた朱、黒 のシンプルな形状の器が好き。使いこんだ艶も良い。また、人を見抜く力・文章力も抜群で本が良い。

内田 鋼一     三重県四日市
超人気の陶芸作家。大胆かつ繊細、斬新でどの作品も凄いし、その作品も変化する。一品一品のディティールの違いを見て欲しい。香川県初登場が、瀬戸内生活工芸祭という事が何より嬉しい。断言します!瀬戸内生活工芸祭 の看板スターです。お待ちしておりました。






—選考員—(敬称略)

永見 眞一
桜製作所会長。89歳現役の家具デザイナーに著名人のファンも多い。あのジョージ・ナカシマ の家具を制作経験に加え、本当の家具と木材が好き。誰にでも腰が低くお話をされ人間的にも尊敬できる方。香川の工芸の重鎮。

中村 好文
超人気の建築家。家の設計を望む人は多いと思う。上総の家Ⅱが特に好き。また家具デザインでも優れる。安曇野ちひろ美術館の”母と子のベンチ”が好きだ。やさしさと愛情を感じるこのデザインは、空に手で線引し職人に伝えた。想像力に平面が追いつかなくなった職人技が凄い。

皆川 明
超人気 服飾デザイナー。1枚1枚のこだわりが、完全な皆川色になり、その積み重ねは 日本中のオシャレさんの心を鷲掴みにした。今、日本で先頭を走るファッションデザイナー。任された東京スカイツリーのユニフォームデザインも超素敵。(昔TVで録画した、皆川明 作品制作の映像はVHS擦切れるまで見てしまった。)

山口 信博
有名グラフィックデザイナー。美を感じるブックデザインを手に取れば ”山口信博”と、中村好文や赤木明登の本でも名を目にする、つまり著名作家から信頼がある証拠。自身デザインの”錫杖”も人気。永見会長もご愛用。

一田 憲子
敏腕 編集者ライター。地に這いつくばり必死でペンを走らせる姿が印象的。その背中からオーラを感じる。更にそれを記事にする過程の 変換力 が凄いのだろう。雑貨や小さなギャラリーにフォーカスできる力があり貴重なライター。

石村 由起子   ディレクタ
あの”くるみの木/まちのシューレ963”を創設。瀬戸内生活工芸祭の「心臓的」存在。これだのスペシャルゲストを集められる人脈と実行力は石村 由起子 以外無理。人が好きで、人と人の繋がりが大好きなんだろう。縁の下のMVP。







語りつぐ会 - 2012.06.10 Sun

一人、東京から夜行バスと電車でヘトヘトになりながら 桜製作所 目当てに辿り着き、工房を見学をした15年前の思い出。


今、こうしてこの桜製作所で、木工や家具や工芸の話を受けること自体 夢にも思わなかった。
IMG_2326.jpg

縁というのは不思議なもの。そして 今、再びここにいます 家族とともに。



スタート - 2012.07.01 Sun

スタートです。


いや、リスタートです。
IMG_3769.jpg

瀬戸内生活工芸祭に向け、
IMG_3767.jpg

木工のリスタートです。いざ漕ぎ出します。




安全祈願 - 2012.07.01 Sun

木工活動は、”刃物”や”機械” で常に危険が つきまとう
IMG_2387.jpg

だからこそ、安全に創作活動できるよう、”石清尾八幡宮”の神様に願いを込めた。


「安全に、ご迷惑をお掛けする事ないよう」祈った。



木工再開 - 2012.07.01 Sun

待ち焦がれていた、木工再開ができる。


お世話になる人、なっている人 への感謝は忘れてはならない。
IMG_2395.jpg

この日を忘れてはならない。




瀬戸内生活工芸祭 を志す - 2012.07.06 Fri

なぜに、そこまで 「 瀬戸内生活工芸祭 2012 」 に思いを馳せるのか?

IMG_3760.jpg

それは、瀬戸内生活工芸祭 を知った時、直感的に「ビビビ」と感じたから、
それは、大好きな 陶芸作家 内田鋼一 氏 の近くの舞台に立てるから、
それは、素晴らしき選考員に自分の作品を見て貰いたいから、
それは、このイベントの来場者の声を聞きたいから、
それは、同じ作家仲間との交流を持ちたいから、
それは、地元、高松の開催だから、
それは、一期一会だから、
それは、今 変えるから、

日々、育児に奮闘中のママならではの、今の感性、今しかできない感性 を作品に反映させたい。
だからこそ、今なのだ。
                                番町工房  苅田 利恵子



七夕への願い事 - 2012.07.07 Sat

笹の葉さらさら、


願い事を短冊に書き、”石清尾八幡宮”で

IMG_2890.jpg
七夕飾りをし、お祈りをした。

IMG_2901.jpg

「おかあさんが せとうち せいかつ こうげいさいに でれますように」 と、星に願いを込めた。
そして、天乃川から手招きされるか否かは、七月末の知らせによることとなる。



旱に雨 - 2012.07.28 Sat

雨が降っても良いじゃないか。雨は恵みの雨なのだ。
でも・・瀬戸内生活工芸祭に、

雨 と オスプレイ だけは降って欲しくないよな。
瀬戸内生活工芸祭 の大成功を心より祈っている。



瀬戸内生活工芸祭の結果 - 2012.08.01 Wed


瀬戸内生活工芸祭の

IMG_3530.jpg
審査結果は、

IMG_3787.jpg
こういう事で、

IMG_3550.jpg
ニッコリ という事で、

IMG_3584.jpg
つまり「選ばれた」 という訳で、真に希んだうれしい奇跡であった。





風が吹いている - 2012.08.15 Wed

ロンドンの次は、瀬戸内に ”風を吹かせるぞ”

8月の今、鎌倉 稲村ガ崎 どんぐり工房で黙々と粉まみれ、汗まみれになりながら戦ってます。
今、自分 魂焦がして頑張ります。ぜったい!絶対! ”風を吹かせるぞ”



製作現場_Step1 デザイン・製図編 - 2012.08.28 Tue

まず創りたい作品のデザインを考えます。
IMG_3969.jpg


居住空間や主たる利用者の視点で規格する。(ここで猛獣の登場!集中は切らしてはいけない。)
IMG_3970.jpg


”木組み” ”強度” も考え、無垢材を無駄せずの考えの下、その木の”木どり”のシュミレをする。
IMG_3979.jpg


ナラ・ウォールナット・クルミ・ブナ など使用する”種木”を決める。
IMG_3980.jpg

厚み・幅・長さ の規格の木が、どれだけ必要か考える。
手書きの図面・・・アナログだけど、ここから見える創造もある。(つづく)




製作現場_Step2 木材仕入編 - 2012.08.31 Fri

図面を元に必要な木材を仕入れに来ました。
IMG_4006.jpg


広葉樹の国産材は希少で、その殆どが輸入材だ、でも自分は、国産材があればそれを優先したい。



キッチリ材を見て、”柾目”で”白太なし”を意識し、”木の節”や”割れ”が ない事を入念に目視する。
IMG_4030.jpg


多少コストが上がっても、良い材を意識し仕入れる。良い材が良い家具を創るからだ。
IMG_4026.jpg

途中から「これは節がある辞めた方がええ!」と材木店のおじさんも のって来た。リエ菌の伝染だ。
IMG_4024.jpg


今回は目的の木材の1つが、在庫 切れであったが、規格を変えたりせず1ヶ月待つ事にした。
IMG_4015.jpg


なかなか一筋縄ではいかないが、これも木工だ。そして、着手できる材だけ仕入れた。
IMG_3990.jpg

思い起こせば、昔は よく東京の新木場に買い付けに行ったもんだよな・・・(つづく)




製作現場_Step3 木取り編 - 2012.09.01 Sat

ママチャリのカゴに木工道具と弁当を入れ、長い坂道を黙々と押して、一路 工房へと向かった。



材木店から仕入れた 材を手に取った。地球に重力がある事を忘れてしまう位 軽々しく持ち上げた。
IMG_4070.jpg


「よし、やるぞー!!」 まず、図面とニラメッコしながら、材木に”墨付け”をする。
IMG_4079.jpg


次に、墨付けを元に、材木を横に切る ”横切り盤” で ”木取り” をする。
IMG_4098.jpg


そして、材木を縦に切る ”昇降盤” で ”木取り” をする。
IMG_4058.jpg


続いて、材の平面と直角を得る為 ”手押しカンナ” を掛ける。
IMG_4057.jpg


更に、材の板厚を合わせ、表面を綺麗に仕上げ為 ”自動カンナ” を掛ける。
IMG_4107.jpg


これらを何工程か繰り返し、仕入れてきた材は、各パーツに分解された。
IMG_4068.jpg

熱い最中に、一日掛かりで、ここまでがやっとの作業だ。 (つづく)





製作現場_Step4 ホゾ(凹)編 - 2012.09.09 Sun

一週間経つとやや反っていた。無垢材は、とりわけ気温によって変化する。無垢は生きているから。
IMG_4166.jpg


反ると次には進めない。”直角”は絶対だ。再度、手押し 自動カンナで整え、長さ決めで半日潰れた。
IMG_4160.jpg


続いて、”ホゾ”位置を決め”墨付け”をした。
IMG_4167.jpg


そして、”角のみ盤”始めまーす!
IMG_4172.jpg


”角のみ盤”は、ホゾのメス穴を掘る為に使う。
IMG_4176.jpg


ひたすら穴あけを繰り返した。工程の狂いを取り戻す為、日が暮れても頑張った。
IMG_4182.jpg

来週は反ってない事を祈り、今日の作業を終えた。 (つづく)



製作現場_Step5 ホゾ(凸)編 - 2012.09.16 Sun

反っていなかった。 ただ、それだけで嬉しい。


今日は、神経をつかう工程だ。
IMG_4199.jpg


四辺にホゾをとる為 ”横切り盤” の登場だ。 刃の高さで調整する。ミリ単位の世界だ。
IMG_4198.jpg


刃の高さを定めてー。
IMG_4213.jpg


”横切り盤” アテンション! 
IMG_4212.jpg


ゴー! 『シューン!!』
IMG_4207.jpg


ヨシ!
IMG_4208.jpg


そして、”ホゾ取り機” で 縦に切り落とし、”ホゾ”のオスの完成だ。
IMG_4243.jpg


続いて、”超仕上げカンナ盤” で 材を整えた。
IMG_4247.jpg


これが、今日の成果品だ。
IMG_4248.jpg


大切にタオルに包み、持ち帰る事にした。
IMG_4254.jpg


なぜなら、作業の続きを自宅でする為だ。 そして今日の作業を終えた。 (つづく)



製作現場_Step6 ペーパー掛け&組上げ編 1 - 2012.09.21 Fri

”ペーパー”を掛けた。 必死で掛けた。 その音は 深夜も響いた。



そして、それを誰より頑張る。 それが自分の特徴だから。
IMG_4338.jpg


続いて、木材の角に当たっても、痛くないように ”面取かんな” を掛けた。
IMG_4348.jpg


そして、”ノミ” を使ってホゾ位置を微調整した。
IMG_4339_20120921012403.jpg


その次は、”接着”だ。
IMG_4350.jpg


最後に、”ハタガネ”で閉めた。 『ギューゥ!』 わずかな隙間も許さない。
IMG_4268.jpg


これで、しばらく寝かした。
IMG_4359.jpg


徐々に形になってきた。
IMG_4392.jpg

さらに今日は、子どもも木工デビューを果たした。
IMG_4369.jpg

そして今日の作業を終えた。でも 時間の構築が厳しくなってきた。ママは正念場だ。(つづく)



製作現場_Step7 組上げ編 2 - 2012.09.30 Sun

ホゾ穴に”貫”を通す。



ヨシ! 雰囲気 出てきたね。
IMG_4329.jpg


接着前の”仮り組み”で確認し、もう一度 解体した。
IMG_4336.jpg


ここからが大事だ。 まずは、”接着”だ。 
IMG_4408.jpg


続いて、”ハタガネ”で閉めた。
IMG_4416.jpg


そして、不要な接着剤は、水分を含んだ ハケで丁寧に取り除いた。
IMG_4412.jpg


最後に”ハタガネ”の微調整をし、『ギューゥ!』と絞め、約半日 寝かした。
IMG_4415.jpg


時間経過後、”ハタガネ”を緩め、”組上”がった。これが ウォールナット 。風格があるよね。
IMG_4489.jpg


そして、これが ナラ 。ナラは白い壁に映えるよね。
IMG_4484.jpg


「ブッブッー」バスにもなりました。
IMG_4480.jpg

0.1mmも狂いは駄目。久しぶりに無垢の難しさを感じた。そして今日の作業を終えた。(つづく)



製作現場_Step8 天板編 - 2012.10.12 Fri

いよいよ天板用の重たい材に手を掛けた。まずは”手押しカンナ” で材の状態を見た。
IMG_4222.jpg


すると”白太”が現れたが、天板への墨付けで、当然 除外する。
IMG_4229.jpg


そして、その寸法に切断した。中でも、天板の接ぎ合わせ面を直線に削る事は重要だ。
IMG_4438.jpg


できた。ドーン!
IMG_4423.jpg


実は、天板の厚みの目違いが無いように、”サネ”を入れる。
IMG_4536.jpg


そして、それを埋めるため ”トリマー” 溝を掘り、埋め込む。
IMG_4471.jpg


最後に、天板を”ハタガネ”で、『ギューゥ!』と絞め、”板剥ぎ” を行った。
IMG_4517_20121009003957.jpg


かくして、天板が出来上がった。
IMG_4526.jpg

次は、最終工程で、いよいよ最終回を迎える事となる。そして今日の作業を終えた。(つづく)



製作現場_Step9 完成編 - 2012.11.06 Tue

まず、天板の 長さ決め



それを”横切り盤” で切断した。
IMG_4747.jpg


そして平らにする為、
IMG_4605.jpg


”鉋”を掛け、
IMG_4613.jpg


続いて”サンドペーパー”で整え、
IMG_4608.jpg


最後に天板を脚に取り付けた。
IMG_5199.jpg


最終工程で、”天然のオイル”を塗る。
IMG_5239.jpg


木材の呼吸を妨げない”天然のオイル”は、木材に潤いを与え、手垢や汚れの防止となる。
IMG_5274.jpg


丁寧に丁寧に塗った。 ほら、輝きが生まれたよ!!
IMG_5264.jpg


最後にしっかり拭き取った。
IMG_5279.jpg


ヨシ!!!
IMG_5276.jpg


これで、ナラ の デスク の完成だ! 
IMG_5300.jpg


そして、ウォールナット の デスク の完成だ! 
IMG_5321.jpg


これが、ナラのスツールを置いた感じで、
IMG_5311.jpg


ウォールナット のスツールを置いた感じとなる。
IMG_5335.jpg

できた!!これにて、完了!! 家具は一日にして成らず、思い出 深い作品となった。
瀬戸内生活工芸祭でお会いしましょう!他の作品達と共に。 (製作現場特集 おわり)





CountDown10/瀬戸内生活工芸祭2012 - 2012.11.13 Tue



もし神様がいるなら、お願い事が1つあります。「11がつ23と24が おてんきになりますように」瀬戸内生活工芸祭がある高松市の氏神さん、石清尾八幡宮にて祈った。そして、おみくじで見通しを計った。すると!!。「いしだんで うさぎとび??・・もし、これでだめならキライになりますからね、かみさま」でも、みんな 安心してね、大吉だから大丈夫。



                    [ ↑ ▶ クリック ]




CountDown9/瀬戸内生活工芸祭2012 - 2012.11.14 Wed

IMG_5150.jpg

もし お母さんの所へ 誰も来てくれなかった どうしょう・・・だから 1人 秋の海へ向かって、大きな声を出して練習したんだ。「いらっしゃいませ!・・」すると 釣りの おじさん は振り返り、素潜り おじさん も海から出てきたんだ 。



                    [ ↑ ▶ クリック ]




CountDown8/瀬戸内生活工芸祭2012 - 2012.11.15 Thu



仲間に支えられ、瀬戸内生活工芸祭に出展できる。幼稚園に通う6歳児と入園前の3歳児から手が離せない日々であるが、幾度と無く「子ども見るから、利恵子さん工房へ行って!」とママ友に強く助けられた。感謝の言葉も並べられない程、感謝に尽きる。また「テント使って!」「搬入用のトラック使って!」と、だから、瀬戸内生活工芸祭は、みんなで出展する気持ち、そんな気持ち。




CountDown7/瀬戸内生活工芸祭2012 - 2012.11.16 Fri



ウチュウジンヨ、ワレワレワ チキュウジン ダ 。11ガツ23ニチ24ニチ 、チキュウ ニホン シコク カガワ タカマツ ノ セトウチセイカツコウゲイサイ ヘ キテクレ。ツキカラ5ビョウ、チナミニ トウキョウ ケイユ ダト ヒコウキデ 2ジカン、 シコク ヘワ パスポートモ イラナイ。ギンガケイニハ ナイモノヲ オミセシヨウ!ユメモ、キボウモ、ゲンジツモ、コウテイモ、ヒテイモ、ムジュンモ、セイロンモ スベテ ヒキツレテ ヤッテコイ! [チキュウナイ セイブツ RXq558930-qxlp990kk ヨリ]



                    [ ↑ ▶ クリック ]





CountDown6/瀬戸内生活工芸祭2012 - 2012.11.17 Sat



ニューヨーク マンハッタン 駆け抜けるハイウェイ・・いや、間違えた 志度町 から 高松市街 をのんびり進む県道 だった。風光明媚な香川県で、行って欲しい美を感じる場所を以下に紹介。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
猪熊弦一郎 美術館」「直島」「イサム・ノグチ庭園 美術館」「東山魁夷せとうち美術館」「香川県庁東館」「まちのシューレ963」「熊岡菓子店」「讃岐うどん のお薦めは [おか泉] [はりや] [山越] [谷川米穀店] [六車] 近場では、[さか枝] [竹清]」「仏生山温泉」「NISHI NISHI」「ギャラリーen(杜のとなり)」「栗林公園の和舟で紅葉」「金刀比羅宮」「瀬戸内国際芸術祭_2013年 春・夏・秋」「umieを代表に北浜アリー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まぁ1日では無理やけん、何度も来てね。




CountDown5/瀬戸内生活工芸祭2012 - 2012.11.18 Sun

IMG_4643_20121113224920.jpg

お代官様[代]と番町工房藩[番]のマニアックな会話に聞き耳を立てた

代「何じゃ!番町工房藩、近う寄れ」
番「お代官様!ヒソヒソ・・」
代「なっ、何ーーっ! 讃岐で 生活工芸祭だとー!」
番「安藤藩、辻藩、三谷藩、赤木藩、内田藩、皆川藩、中村好藩・・などが揃います」
代「そっ、それは凄い」
番「それと・・それがしも出ます」
代「何っ?」
番「デスク、スツール、本立て、皮張スツール、子ども椅子、積み木、額、犬、サプライズも!」
代「ワシは聞いてなかったぞ!おぬし、家具職人だったのか?!」
番「そうです。実は、12月11日発売の『チルチンびと/風土社』のスクランブルに載りま・・」
代「チッ!凄いな が、お前のCMなんか、どうでも良い、それよりヨーガン藩は?長谷川藩は?」
番「いや出な・・・」
代「あの2人が加われば・・ワシが好きな、あの「茶の箱」メンバーが集結できるわい」
番「お代官様、もしや 千殿 を呼べば、まさかのお茶会ですかね」
代「フフフ・・そちも悪よのう」
番「夢は続きがある方が面白いですから。では、失礼たてまつります」
代「待て、来県者に失礼の無いように、城(玉藻公園)周辺の地図を掲載しろ!」
番「・・・・こっ、これですか?」

玉藻公園





CountDown4/瀬戸内生活工芸祭2012 - 2012.11.19 Mon

IMG_4624.jpg

遠方からアッシー君役のお父様ご苦労様です。今回は、そのお父様にお届けします。
パパA と 父ちゃんBの勘違いぶり たっぷりの男子的な会話が聞こえてきました。

A「あのさー、この瀬戸内生活工芸祭がどれだけ凄いのか、教えてくれる?」
B「だから、サッカーなら、Cロナウド と メッシ と マラドーナ と ペレ が同ピッチに立つ感じ!」
A「まだ、分からないなー」
B「だから、野球なら、王 と 長嶋 と 落合 と 野村 と イチロー と 張本 が一緒にプレイする感じ!」
A「まだ、分からないなー、じゃぁ投手で言うと?」
B「だから、野茂のフォームで、ダルのストレートに、伊藤智のスライダーで、今中のカーブに、佐々木のフォークをミックスさせた的な感じ!」
A「全然、分からないなー」
B「だから、盆と正月とクリスマスとバレンタインと入学式と結婚式とが一緒になった感じ!!!」
A「良くわかった!」
B「エッ?・・・・それで分かったんかい!」 

興味がなかったお父様も、今年の秋は、新境地、新インスピレーションを発見してください。 
                                        おわり




CountDown3/瀬戸内生活工芸祭2012 - 2012.11.20 Tue

IMG_5434.jpg

ジャパニーズ・モダンを感じる香川県庁東館は かつて、設計 丹下健三、壁画 猪熊弦一郎、家具 剣持勇、[庭 イサム・ノグチの意思] の世代のスター達が携わった。かつての地場のみ では創り上げる事のできない 文化をここに創りあげた。そして、今 何十年かの時を経て、それを感じ育った者達が この瀬戸内生活工芸祭に携わり新たな文化を育もうとしている。また何十年か先に・・・・若者よ、今ここに文化を感じよ!


IMG_5438.jpg





CountDown2/瀬戸内生活工芸祭2012 - 2012.11.21 Wed

IMG_5417.jpg

諸外国との諸問題があったせいか、今年ほど「メイド・イン・ジャパン」を意識した年はない。市場には、多くの「メイド・イン・外国」が流通し、低コスト・大量消費する時代。百円ショップでさえ、何でも十分に揃う利便性の高い時代。それらは、普段の生活に浸透し、大切なライフスタイルになっている。専ら我家もそうである。でもね・・ これだけは、こだわりたい!という”領域”は、絶対に こだわって良いと思うんだ。お椀でも、器でも、お盆でも・・・あの作家さんが心込めて作ったと 感じられれば、日々 心地 良さを感受できるから。そしてその出会いが、作り手が分かる瀬戸内生活工芸祭であったならば、素敵であるに違いない。あなたにとっての幸せな「メイド・イン・ジャパン」を手にとって見てください。




CountDown1/瀬戸内生活工芸祭2012 - 2012.11.22 Thu

IMG_5408.jpg

夢よ、大空を駆け抜けろ! 風よ、瀬戸内に吹け! 夢にまで見た、瀬戸内生活工芸祭で、皆様にお会いできる日を楽しみにしておりました!




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

番町工房

Author:番町工房
四国 高松『ママは家具職人』

全頁

全ての記事を表示する

分類

最近の作品集 (14)
高松十二か月 (13)
■瀬戸内生活工芸祭 2014 (39)
応募編 (2)
女木島に行きたくなる (10)
カウントダウン 2014 (21)
出展作品 2014 (1)
女木島という名のストーリー (1)
キラキラのレポート用紙 (1)
■瀬戸内生活工芸祭 2012 (51)
現場復帰&応募編 (11)
製作現場 (9)
カウントダウン 2012 (11)
出展作品 (1)
10枚のレポート用紙 (12)
瀬戸内生活工芸祭の余韻 (7)
■番町工房 × 木工・家具作品 (57)
食器棚 (1)
ダイニングテーブル&チェア (4)
テレビ台@変身 (3)
囲炉裏 (1)
リビングテーブル (1)
洋服タンス (1)
ボックス&洋服掛け&鏡 (3)
本棚 (1)
こどもイス (3)
生活雑貨 (6)
おもちゃ (7)
絵額縁 (2)
道具箱 (1)
■内田鋼一 (22)
■ママは家具職人 (4)
木工以外 自作品 (3)
香川の良いとこ (11)
ママ友 Premium Selection (13)
他の全記事 (129)

フォトムービー「作品紹介」

↑クリック

Mail〈現在注文は控えております〉

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

リンク

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=